CSR

障がい者雇用

四半世紀を超える障がい者雇用の取組

1990年に、企業の社会的責任(CSR)を果たそうと名張製造所でスタートした障がい者雇用の取組は、主に重度の知的ハンディがある方を対象に、『一人ひとりに 合わせた仕事づくりによって個人の自立を支援する』方針の基、数々の問題を乗り越えながら1歩ずつ歩んできました。

2010年7月には上尾製造所でもこの取組をスタートしました。

Bridgestone Group Awards 2011 受賞盾

障がい者雇用沿革

1971年9月 会社設立(資本金3億円)  
1990年8月 名張製造所 障がい者雇用スタート  
1996年9月 職場改善コンテスト『奨励賞』  日本障害者雇用促進協会
1998年9月 障害者雇用『三重県知事賞』 三重県
  名張市社会福祉大会『市長賞』 名張市
2001年9月 障害者とともに働く-提言・体験手記『会長賞』 日本障害者雇用促進協会
2002年9月 障害者雇用優良事業所『厚生労働大臣賞』 厚生労働省
2004年3月 社会貢献賞 (株)ブリヂストン
  名張市特別表彰 名張市
2005年 12月 第40回NHK障害福祉賞 『優秀賞』 NHK厚生文化事業団
  NHK教育テレビETVワイド『働く!』出演  
2007年2月 名張市広報「なばり」掲載 名張市
2008年 11月 名張育成園創立50周年感謝状 名張育成園
2010年7月 上尾製造所 障がい者雇用スタート  
2011年3月 Bridgestone Group Awards 2011(社会貢献の部) (株)ブリヂストン
2012年3月 上尾製造所 表彰  ※実習による積極的な支援 上尾市
2014年7月 上尾製造所 障害者雇用優良事業所 認証 埼玉県
2015年 11月 高次脳機能障害者雇用優良事業所等表彰 三重県